【な行】

仲村秀生さん…アニメ創生期から二枚目キャラクターの声を務められていた超ベテラン声優さんです。島大介(宇宙戦艦ヤマト)や力石徹(あしたのジョー)が有名ですよね。

・中村悠一さん…2007年にブレイク(阿部隆也「おおきく振りかぶって」)、2008年は大活躍の若手声優さんです。キャラクターの役幅も広く、ごく普通の高校生からダークヒーローまでこの1年間で様々な役を担当されていますね。自分的には、グラハム・エーカー(ガンダム00)の様な振り幅の大きい役が真骨頂なんじゃないかなぁとこっそり思っています。

中田浩二さん…ストイックな役柄がぴったりなクールヴォイスのベテラン声優さん。カムイ(忍風カムイ外伝)や宗方仁(エースをねらえ!)が良く知られています。

中田譲治さん…特撮ヒーロー番組で役者さんとして多く出演されていました。数年前から声のお仕事が中心になっていますね。モンテ・クリスト伯(巌窟王)の様な奥の深い大人の役には欠かせない方です。その一方で、ギロロ(ケロロ軍曹)みたいな弾けた役もすごくハマってます☆

難波圭一さん…80年代の二枚目キャラクターを数多く演じておられました。印象的なのは、ロック(超人ロック)です。張りがあってきりっとしたボイスがカッコイイ☆

納谷悟朗さん…沖田艦長(宇宙戦艦ヤマト)、銭形警部(ルパン三世)、岩田鉄五郎(野球狂の詩)等、有名キャラを数えあげたらキリがないくらい沢山の役を演じられているベテラン声優さんです。あと、「たった一つの命を捨てて…」で始まる、新造人間キャシャーンのナレーションが印象的。これからも銭形警部役頑張ってください!

納谷六朗さん…八幡先輩(侍ジャイアンツ)や園長先生(クレヨンしんちゃん)でのちょっぴり気弱なキャラクターを演じたら、他に並ぶ人がいない声優さんです。穏やかで優しい雰囲気のお父さんキャラ(ミンキーモモ、マジカルエミ)も数多く演じられています。

中尾隆聖さん…ばいきんまんやフリーザがすっかりスタンダードになってしまいましたね。でも、70〜80年代のTVアニメでは東一郎(アニマル1)や荒石ゴウ(ゼロテスター、カーロス・リベラ(あしたのジョー2))といった、いわゆる正義側のメインキャラクターを多く演じられていました。TVアニメ創成期から2008年現在までずっと活躍されている数少ない声優さんです。

中原茂さん…中原さんと言えば、やはりダンバインのショウ・ザマですよね。80年代は、ジュン・ランドー(アクロバンチ)や式部雅人(ダンクーガ)等、メインキャストとして数多くの作品を支えてこられました。現在(2008年)は、ゲーム「遙かなる時空の中で」シリーズ4作品のメインキャラクターがよく知られていますね。

・永井一郎さん…サザエさんの波平で2008年現在も活躍中の大ベテラン声優さんです。これまで演じられたアニメキャラクターは本当に数えきれない!TVアニメ史と共に、といった表現がぴったりですね。あえてマニアックに印象的なキャラクターを挙げると、西音寺博士(マシンハヤブサ)、町田先生(ど根性ガエル)、うさぎのピーター(ロッキーチャック)、ブク(さるとびエッちゃん)などなど。これからも若い声優さんのお手本としてまだまだ頑張っていただきたいです!

・浪川大輔さん…戦隊ヒーロー「ゴーオンジャー」のスピードルでお茶の間でも有名になったのでは?どちらかというと、洋画の吹き替えで数多く活躍されていますが、乙女ゲームの普及とともに、色々な作品でお会いする事が多くなりました。やはり「緋色の欠片」での狐邑祐一役が自分的には一番でしょうか。でもコメディタッチのキャラクターもすごくハマってます!

西川幾雄さん…紅三四郎やキャシャーンといった、タツノコキャラクターの主人公がとても懐かしいです。2000年代に入っても、年配者の役として(たとえばSAMURAI 7)、重要な役どころを担っておられます。ベテランの方がTVアニメに出演されること自体がなかなか無い現状では本当にすごい事だなと思います。

西尾徳さん…巴武蔵(ゲッターロボ)の最期は未だにかなりインパクトあります(放映当時はメインキャラが死んだ例が殆ど無かったので)。他にも西寛一(あしたのジョー&2)やアニケ(ダイケンゴー)の様な、体格のいいキャラクターを担当される事が多いです。のんびりほんわかした雰囲気の声は心休まります。

野沢那智さん…吹き替え声優さんの先駆けのお一人。有名なハリウッド俳優の声でも有名ですね。TVアニメでも、宗方仁(新エースをねらえ!)やフェルゼン(ベルサイユのばら)、コブラ(TV版コブラ)等の二枚目役で活躍されています。

野田圭一さん…剣鉄也(グレートマジンガー)での、硬質な二枚目ぶりは当時熱血が主流だった事もあり、とても印象的でした。その一方で、新右衛門(一休さん)の様な、二枚目半も巧みにこなしておられました。70年代を代表する声優さんのお一人です。

・野島昭生さん…あの伝説声優ユニット、スラップスティックのメンバーとして当時人気者でしたよね(懐かし〜)。70〜80年代のTVアニメで兄貴的ポジションのキャラクターとして、多くの作品で地味ながら活躍されていました。自分的にはタマネギ部隊のゆるゆる感がとても好きです☆

野島健児さん…その野島昭生さんの息子さんです。親子二代で声優さんというのはなかなか無いですよね。TVアニメでは、代表作といったものはまだこれからですが、ゲームでは乙女ゲーム、一般ゲームに限らずメインキャラクターを務める事が多く、スクエニ2008年の大作「ラスト レムナント」でも主人公を担当されています。



戻る  TOPへ

男性声優さん その5