タイムレンジャーストーリー
(ごくごく簡単ではありますが…)

<ストーリー>
 30世紀の未来から犯罪者集団ロンダーズファミリーを追ってきた時間保護局レンジャー隊員の若者4人(ユウリ、アヤセ、ドモン、シオン)が、偶然出会った20世紀の青年浅見竜也と共に、タイムレンジャーとして戦うというのが大まかなお話です(大雑把過ぎ…)。
 20年以上も続く戦隊ヒーローシリーズが作り上げてきた戦いのパターン(派手なアクション、次々登場する武器、巨大ロボ戦など)は、この作品の中にも「お約束」として厳然と存在しています。そんな決められた枠の中にありながら、登場人物の心の変化をきめ細やかに描き出していたストーリーは、この番組の一番の魅力でした。

<タイムレンジャーを好きな理由(わけ)>
 戦隊シリーズはなんとなくでも「バトルフィーバー」から見ていました(そして主題歌も覚えていた)。そして時々ツボにくる作品に出会ってはときめいていたひそかなファンです。それでもここ5年ほど間が空いていたのですが、偶然から見始めたTR(タイムレンジャー、以後TRと表記)は、これまでにない面白さで、終盤にはこの作品が子供番組である事を忘れてしまいました(今もそう思っていますけど)。

 TRの一番好きなところ、それはキャラクターの性格描写が最後まで崩れなかったこと、そして竜也達の人間的な成長を、見ている私たちが一緒に共感できたことです。「一年間欠かさず見ていてよかった〜」と幸せな気持ちにさせてくれたこの作品を、末永く残していくことができたらいいなと思っています。
 

<タイムレンジャーの音楽>
 この作品の音楽は、亀山耕一郎さんの手によるものです(亀山さんは、OPとEDの作曲も手がけられました)。
 タイムレンジャーの音楽は、主として、
1.タイムレンジャー
2.素顔の5人(トゥモローリサーチ)
3.ロンダーズファミリー
4.アクション、ロボ戦

 の4つのサイドから成り立っています。それぞれにメインのテーマ曲があり、ドラマの情景(喜び、悲しみ、怒り)に応じてアレンジを変えた別ヴァージョンを展開させています。OPやEDにも色々なアレンジが見られるのでCDをお持ちの方は、よ〜く聴いて確かめてみてくださいね。

<サブタイトルリスト>CD紹介のコーナーでは曲が使用された話数を書いています。そちらを見る際の参考にご覧下さい。
CF1 時の逃亡者 CF27 小さな故郷
CF2 見えない未来 CF28 再会の時
CF3 夢の加速度 CF29 炎の新戦士
CF4 人質は異星人 CF30 届け炎の叫び
CF5 第3の合体 CF31 迷想ゲーム
CF6 偽りの招待客 CF32 犯罪者を救え
CF7 ドモン入院中 CF33 リトルレディ
CF8 芸術に爆発を CF34 暗・殺・者
CF9 ドンの憂鬱 CF35 明日が来ない
CF10 明日への脱出 CF36 素顔のままで
CF11 死闘の町 CF37 狙われた力
CF12 星に願いを CF38 ぐっどないと
CF13 バトルカジノ CF39 雨に濡れた嘘
CF14 デッドヒート CF40 アヤセ脱退!?
CF15 狙撃手(スナイパー)を探せ CF41 予言者を暴け
CF16 そばにある夢 CF42 破壊の堕天使
CF17 ねじれた正拳 CF43 歴史修正命令
CF18 影の予感 CF44 時への反逆
CF19 月下の騎士 CF45 終末!TR
CF20 新たなる絆 CF46 未来との断絶
CF21 シオンの流儀 CF47 ドンの最期
CF22 桃色の誘惑 CF48 未来への帰還
CF23 ビートアップ CF49 千年を超えて
CF24 黄色、時々青 CF50 無限の明日へ
CF25 途切れた信頼 CF51 スーパー戦隊大集合(スペシャル)
CF26 信頼の秒読み(カウントダウン)




トップへ
戻る