緋色の欠片


☆ゲームのCGでここまでキレイと呼べるキャラクターに出会った事が無く、ただもううっとりするだけでした(キスシーンが2回もあるのにビックリ)。しかも、どのキャラも辛い境遇に置かれているうえに、異形へと変身するのが、萌え度を激しくUPさせました(爆)。2008年夏発売予定の続編「蒼黒の楔」が楽しみです☆(注:紹介での声優さんの敬称は略させていただきます)
 あと、この感想は、「緋色の欠片」(PS2)のプレイ後を基にしています…(汗)。

・鬼崎拓磨(CV.杉田智和)
 主人公の珠紀と同い年なのが、まずツボ。しかも、気安くガシガシ頭を小突いてるところがとっても親しげで好感度高いです☆口数は多いほうではないけど、すごく珠紀を気遣っているのが分かるので、ゲームなのに普通に嬉しいと感じてしまいます(アホ)。後半、追い詰められての二人で逃避行から封印の儀式までは、本当に胸が痛くて切なかった…(泣)。ハッピーENDのぎゅっと抱きしめ!はもう幸せいっぱい♪

・鴉取真弘(CV.岡野浩介)
 甲高いあのお声はぶっちゃけ苦手なのですが(大汗)。あのステキな翼にね、翼に萌えてしまいました…(萌え属性/汗)。その翼で珠紀を包んであげてるCGが大好きです!あと、ピンチにカッコ良く飛んできて参上するところも…vvよくよく考えてみると守護者の中で最も過酷な役割を持たされってるのって、真弘先輩なんですよね…。封印の生贄が生まれた時から決まってるなんて本当に酷すぎる…(涙)。

・狐邑祐一(CV.浪川大輔)
 超絶美人の祐一先輩、ステキ過ぎます!そして人外の存在である事を理由に珠紀を遠ざけようとするところに萌え!そのくせ、後ろから珠紀にいきなり抱きつきしちゃう弱さも持ってるから更に好きになっちゃいました〜☆ただ単にボ〜ッとしてるだけなはずなのに、なぜか時折鋭いツッコミを入れてくれるお茶目っぷりもラブリーですっ!

・犬戒慎司(CV.下和田裕貴)
 年下キャラには萌えが余り無い自分ですが(汗)、慎司君は萌えとは別にすごく好きになりました。「二度家に捨てられた」というのが何とも不憫で…(涙)。そんな物語の中で徐々に成長していくのがやっててよく分かりとても感動的でした〜☆争いごとを好まないところもポイント高いです〜。そして、この慎司君で下和田くんのカワイイヴォイスにすっかりやられてしまいまして…(汗)。目下「ウルフズレイン」のトオボエにも激ハマり中(爆)。

・大蛇 卓(CV.平川大輔)
 平川大輔くんのあま〜いヴォイスにハマるきっかけとなった記念すべき(?!)キャラ☆ロン毛が余りにもステキ過ぎ!そして、湯上りシーンCG…あれは反則ですよっ!!卓さんは時々行動の理由が読めなくて感情移入しづらい時もありましたが、封印後のお姫様抱っこCGを見たらすっかり吹き飛び♪(爆)やっぱ大人キャラですわ〜☆

・狗谷 遼(CV.野宮一範)
 初登場での匂い嗅ぎにはただビックリ!感覚が鋭いというよりやはりセクハラ(汗)。守護五家の血筋でありながら生まれてすぐ養子に出されたという過去の為、かな〜り素直なじゃないですが、珠紀に対しての熱い想いには萌えます☆EDの膝枕CGがまたイイvvドラマCDを聴くともっと彼が好きになりますよ〜♪

・言蔵美鶴(CV.藍川千尋)
 美少女で聡明、家事完璧と、主人公の珠紀よりデキる上に、物語序盤は何かと挑戦的な態度に見える為、好感を持ちにくい女の子でした。それでも、しきたりに縛られ鬼斬丸に生贄を捧げる残酷な行為を続けてきた負い目による事、慎司君と引き離された双子の妹である事が分ると、少しそんな彼女の性格も納得出来る様になりました。ただやはり、拓磨ルートでの、拓磨に対する好意を持った態度はさすがにちょっとムッときたりして…(心狭い/汗))。

・宇賀谷静紀(CV.池崎リョウ)
 最もしきたりに縛られていた、珠紀の祖母。拓磨ルートでは本当にロゴスより悪人だったですね。でも、彼女の長年の犠牲無しにはここまで無事にこられなかったのも事実で。そこがまた悲しさを誘います。

・多家良清乃(CV.出野明日香/PS2版、古俣麻弥/DS版)
 国家機関である典薬寮からの派遣員。拓磨ルートでは、まだ正体が分からず、意味不明に絡んでくる人ぐらいでしたが、卓さんor遼ルートで事情が判明。彼女の芦屋への想い、珠紀との友情がすごく良かったです。作品中一番の賑やかキャラですもんね〜。続編で再登場みたいで今から楽しみ☆
 
・芦屋正隆(CV.永野善一)
 うさんくささ一杯な策士ですが、イイ味出してるキャラですよね〜。彼がいないと、終盤が盛り上がらない!人間の身でロゴス相手に引かない強さも結構気に入ってます。

・アリア・ローゼンブルグ(CV.磯村知美)
 聖女と呼ぶにふさわしい威厳も持ちつつ、真弘先輩とたわいない口げんかもする年齢相応な子どもっぽさもあるカワイイ女の子ですね♪プレイを重ねるにしたがって好きになっていきました☆☆

・アイン(CV.綱川博之)
 ロゴス4人衆(勝手につけてるし/汗)の中で行動原理が一番分かりやすかったキャラクター。拓磨との力対決は熱くて燃えました!

・ツヴァイ(CV.金山雅弘)
 本能のままに狩りを楽しんでいる様に見えて、実際はもっと深いところに理由があったっぽい感じですね。そういう設定抜きにしてもビジュアルが非常にカッコイイキャラクターです。

・ドライ(CV.相馬康一)
 慎司君&祐一先輩ルートのラスボス。他キャラのルートでもうさんくさい行動でプレイヤーを煙に巻いていました。この人が祐一先輩を「キツネ」と呼ぶ度に心の中で怒ってた気が…(汗)。

・フィーア(CV.高橋あみか)
 アリア様命!なところがすっごくけなげで泣けます!あと、フィオナ先生としての優しい目線も好きでした♪言霊を扱って戦う時がまたカッコイイ!

 おお、全員書けた〜!しかし、キャラ多い…(汗)。


TOPへ  戻る