Xbox360

 ・STEIN'S;GATE (2009年12月プレイ開始) 
 ・STEIN'S;GATE 比翼恋理のだーりん (2011年9月プレイ開始) 
 発売決定の時からずっと気になっていた作品でした。主人公役が真守君だったのとキャラクターデザインが目を引いて発売後も忘れられず、Xbox本体を持っていたので我慢出来ずに購入してプレイ開始しました。選択肢ではなくフォーントリガーでメール返信するなどしてルート分岐するとは気づかず、うっかり最後に取っておこうと思っていた紅莉栖ルートに進みそうに(汗)。なかなか手ごわかったです。HD画質とあってイベントCGがとても鮮明に美麗でうっとり。これからはテキスト読みADVも高画質が良いなと実感しました(乙女ゲームでは薄桜鬼のみ)。シナリオは、まったり進む序盤から一気にまゆりの死を繰り返す悪夢、まゆりを救う為傷つきながら世界線を越え続けるオカリンこと岡部倫太郎に自然と感情移入させるところがすごいと思います。真実のENDにたどり着いた時の感動はひとしおでした。オカリンの真守君の演技も素晴らしく、ゲームは大人気、色々なゲーム機に移植されたり、TVアニメになったり(劇場版も製作予定)と予想以上のヒットになりました。
 FDの「だーりん」は一転して妄想全開なほんわかシナリオ。オカリン、全女性キャラに翻弄されまくりでとても楽しかったです!



 ・テイルズ オブ ヴェスペリア (2009年4月プレイ開始) 
 発売決定の時から主人公ユーリのビジュアルに一目惚れ(爆)。やりたくてやりたくて、でもXbox360だからと我慢し続け、待ってればPS3に移植されるんじゃないの?という予測も立てて待つつもりでいたはずなのに(汗)。やっぱりこらえきれず、ダンナにXbox360本体を買って貰いウキウキとプレイを開始しました。この作品の前に、シンフォニアとジアビスをやり、システムには少し慣れたつもりでいましたが、全然分かっていなかった…(汗)。初っ端のアデール&ボッコスに普通にやられてるユーリが可哀そうでした(悪いのは自分/泣)。そうこうしながらも攻略本のお助けを借りながら、サブイベントもこなし、ボス戦もこなしているうちに、プレイ時間は楽勝で100時間超え!闘技場とかやらずにこの時間なのでいかにボリュームがあるか理解していただけると思います(汗)。グラフィックはアニメパートが要らない位キレイでしたし、キャラクターの掛け合いも楽しく、お話はテイルズらしく重い部分もあり、最初から最後までたっぷり楽しめました。ただ、ヴォイスが…メインシナリオなのに無い箇所が多数あり、ちょっとがっかり(泣)。あと、ユーリと対をなすフレンの出番があまりにも少ない事も予想外でした。おそらくディスクの容量が影響しているかと…。
 なので、本当なら2周目もやりたいところだったのですが、ご存じのとおり2009年9月にPS3版のリリースが決まっています。Xbox購入してから間もなくの発表だったので、悔しさも正直かなりあります。でも、承知の上始めたのだし、何より先んじてやれた感だけで十分満足!という訳で、一ファンとして実質2周目になるPS3版をひたすら楽しみに待ちたいと思います♪キャラクターについては、それをプレイし終わってから改めて書こうかと…(書けるのか?/汗)。







TOPへ  戻る