玉手箱的GAMEプレイ記録


 こちらは、管理人が今までにプレイしたゲームのタイトルを紹介するコーナーです。実は、本格的に始めたのってつい最近なんですよね。ですので、これから続々更新されていく予定(汗)。

 <所持するゲームハード>

 1.SFC
 息子が小学校の時、祖父母からクリスマスプレゼントに贈られたもの。既に同級生は結構持っていて、始まりは割と遅いほうでした。そもそもGAME熱は子どもからだったんです。
→プレイしたタイトルはこちら


 2.PS
 再び子供達が祖父母から頂いてます…(はは)。これにはかなりお世話になりましたね〜使いすぎてカードスロット1が壊れ、2しか使えないのがミソ(汗)。
→プレイしたタイトルはこちら


 3.GBASP
 ダンナ所有のターコイズブルー&管理人所有のファミコンカラー(過去液晶破壊→交換の前歴あり/汗)。この頃からゲーム機は大人のものでした(だってGBAって初期は12000円もした←そんなのDSに比べりゃ)。子供達は、その前にやっぱ祖父母のクリスマスプレゼントで3人それぞれにGBポケット貰いました。ただし、娘達はソフト1本で終了、ゲームにハマらなかったです(息子はその後GBカラー購入)。
→プレイしたタイトルはこちら 


 4.PS2
 初代は30000番を約25000円で購入。でも殆どゲームはしなかった様な…(汗)。そのうち、息子の下宿に貰われていき、70000番が2代目として我が家で活躍しています(2005年8月)。 これら2台のPS2の資金を出したのは、一番ゲームをしないダンナでした(ははは…)。しかし、その2台目も下の娘と交互使用になるにつけ(ダンナ可愛そう)、やっぱ自分専用が無いと!と決意。ついについに!!2008年3月に90000番のPS2(シルバー)買いました。しかし、PSPとPS3の普及に伴い、黒のみ細々と残るだけになりました。ソフトも2011年には発売殆どなし。2012年に本体の出荷も終了しました。我が家でも2015年3月ついに外しております(汗)でもよく遊びましたね。お疲れ様!
→プレイしたタイトルはこちら  


 5.ニンテンドーDS(購入2005年10月)  
 赤大好きの管理人が他の色に見向きもせずに買いました(DS現在製造してない)。タッチペン使用の為、液晶保護シールは購入と同時に貼りました(絶対正解です!)。その後、ダンナも後発機のDS Lite(アイスブルー)を勢いで購入(2006年3月)。早や2台所有となっています(汗)。しかし、2006年11月現在こんなに品薄状態になるとは…発売当初誰が予想したでしょう。もうビックリ!(2008年初夏現在やっと落ち着く)そして2008年にはソフトを丸ごとDL出来、またカメラ機能も付いたDsiが発売、色も当初の黒白から5色に増え2009年夏には赤も出ました。脳トレ系新作ソフトはほぼDLという、カセットいらずの仕組みはこれから徐々に普及していきそう。そして、とうとう我慢できずに7月、その赤を買ってしまいました(ははは…)。使用してみましたが、やっぱり画面が大きくて明るく良い感じ☆☆そんな管理人の喜びっぷりを見てダンナも黒購入予定です〜。しかしDSの進化はそこで終わりませんでした…2009年11月画面が更に大きくなった(本体も)DSiLLが発売。その流れは後継機ニンテンドー3DSLLに受け継がれました。

→プレイしたタイトルはこちら 


 6.ニンテンドー3DS(購入2011年11月)、Newニンテンドー3DSLL(購入2015年10月)
 2011年2月、3Dでゲームが楽しめる3DSが発売されました。25000円という価格もあり売れ行きが伸びず、半年後10000円もの値下げ。マリオ3Dやモンハン3Gといった人気タイトル発売とクリスマス商戦も相まって何とか売り上げを伸ばしました。が、無理な値下げの為、任天堂は赤字決算の発表をしました。ケータイやスマホのアプリゲーム普及に押されてこれからも苦戦が続きそうです。自分はFab Styleをプレイする為に赤を購入しました。3Dは目が疲れるので殆ど使いません(爆)。ゲームソフトで遊ぶほかに本体内にあるソフト、すれちがい広場が面白くてせっせと外へ持ち出しています。2012年春以降シアトリズムやFE覚醒など自分が好きなタイトルが次々と発売されたので購入当初の予想より大活躍しています♪2012年7月より画面が1.9倍に大きくなった3DSLLが発売されました。2014年に入り頭打ち状態がくっきり。DLソフトおまけにつけて売らないといけないくらいには追い込まれてます…。
 その後2014年10月に、ボタンその他の機能(Amiibo読み込み)を追加したNew]ニンテンドー3DSと3DSLLが発売されました。全く違うゲーム機ではないので、売れ行きは依然低迷のままですが、確かに全体の機能はアップしていますね。そんな管理人はついLLの赤を買ってしまいました(ゼノブレイドをプレイする為))。画面が大きくて非常に遊び易いです〜。
 追記:旧型3DSは初期化完了。譲渡予定。
→プレイしたタイトルはこちら



 7.PSP(購入2005年11月)
 GIGA PACKのホワイト。GIGAを選んだのは、ゲーム以外で使用する事が多そうだったから。というより、ゲームだけじゃ勿体無いでしょうね、これは(管理人はほぼ音楽専用で使ってます←2009年現在はゲーム専用機)。2007年秋時点でもソフトの数が余り増えていないですね(モンハンが主力)。今後は恋愛ADVが増加傾向?ちなみに、ダンナも2007年1月に故障品を無償で貰い受け、修理して所持。その後2007年12月に新型2000型(パープル)購入。旧型は大学生の息子にプレゼントしました。2008年秋には3000型が早々発売、1000型は絶滅。2009年3月には新色4種も発売、大好きな赤もその中にあった為大喜びで購入しました。やはり3000はロードが速くプレイも快適です☆お下がりで管理人の1000をあげた下の娘も、2009年6月に3000黄色を購入、通学時のお供になっている様子。PSPはさらに進化、2009年11月にはUMDではなくDLのみでゲーム、という16Gのメモリを持ったPSPgoを発売しました。が、1年たっても売れ行きさっぱりでついに2010年10月には10000円も値下げ(3000と同価格)に。2011年秋には生産中止。そして12月スマートフォン並みの機能を持ったPS Vitaが新たに発売されましたが、PSPソフトは途切れず発売。根強い人気を証明しました。しかし、2014年6月で出荷完了が決定。その長い歴史も終わることとなります。自分もかなり使い込んだので感慨深いですね。
→プレイしたタイトルはこちら



 8.Wii(購入2007年2月)
 FE暁の女神をプレイする為だけに、ハード出始めの頃ソフトと一緒に購入しました(太っ腹!)。その後、数年の放置状態があり、2008年秋Wii Fitで久方ぶりに日の目を見たのですが…結果は見事に1か月坊主に終わりました…(ボードは電池抜かれて仕舞い込まれてます/汗)。リモコンを使用したみんなで遊ぶ体感ゲームが主流のソフト状況の中では、アクション苦手のRPG好きには遊びたい作品が殆ど無いのは困りものですね。PS2へのソフト参入減少に合わせて、テイルズシリーズや無双シリーズがWiiでの発売が予定されていて来年以降はこちらがPS2に取って代わるかも。ちなみに、2008年8月には黒のWii本体が発売されています。2010年には25000円→20000円に値下げ。2011年にはリモコンとソフトがセットでついて20000円据え置きという大胆な実質な値下げも行われました。そして、2012年12月には後継機Wii Uが発売。2013年、製造終了。2014年5月にはオンラインサービス終了。さみしいですね…。
 追記:Wii U購入した為、2013年初期化し譲渡済み。
→プレイしたタイトルはこちら


 9.Xbox360(購入2008年12月)
 ついに我が家にも次世代機が入ってきました。テイルズ オブ ヴェスペリアのリリースでいてもたってもいられなくなった管理人が、ダンナにおねだりしまくって(うわ)買って貰ったという経過はありますが(アホ)。2008年秋の再値下げ後、2010年にはファンを低騒音に抑えコンパクトかつ無線LAN内蔵の250G&4G発売。そして2014年9月後継機のXbox Oneが国内販売になります。海外では高い人気ですが日本でマイナーなのは変わらず?
 追記:一つだけプレイしたいタイトル(Phantom)の為に何年も寝かせておいたものの、一向にソフトを入手する気配無い為、2015年5月にTVの接続を切り初期化。2017年2月に譲渡。お疲れ様でした…。
→プレイしたタイトルはこちら


 10.PS3(購入2009年8月)
 2009年9月発売のヴェスペリアをプレイしたいが為にダンナにおねだり再び(爆)。9月発売の新機種では無く、1つ前の80GBの重くてでっかいを購入しました。直後の9月に低価格コンパクトな120Gが発売、その後も同価格で160G、一段上の320Gも発売され、ちょっとガッカリ(泣)。色もホワイト追加などやはりハードの買い時は難しいと思いました…
(追記:2012年10月、250G&500Gの新機種発売しました)
我が家では2015年PS4を購入したこともあり、思い切って置き換え。ソフトもまだまだ出る予定なのですが今後はPS4で遊ぶ所存。お疲れ様でした…。
 追記:最終的に初期化して譲渡済み(2015年春)。
→プレイしたタイトルはこちら



 11.PS Vita(購入2012年7月)
 2011年発売されたPSPの後継機。とはいっても、UMDは使用不可(怒)。専用のカード型ソフト(タイトルによっては専用メモカ必要)と、ダウンロード版しかプレイ出来ません。しかも大きくて重たい為持ち運びにも不便な一応携帯機です。3G&Wi-FiタイプとWi-Fiのみタイプの2種がありますが、電車通勤でもしていないと3Gは余り必要無い気がします…。実際自分も3G(黒3G100Hプラン)買いましたが3G全く使用しませんでした。その後2013年10000円の値下げとマイナーチェンジがあり(薄く軽く)、討鬼伝やGOD EATER2などの狩りゲーで少しずつ売り上げを伸ばしましたが、PSPの時のようなブームにはならなかったです。やはり下位互換は大事ですよ。PSPを2014年6月で出荷終了にし勝負にでましたが、スマホアプリに勝つのは厳しいですね。ゲームソフトDL版の価格帯を製品版よりもっと安くしないと。割引率低過ぎます。
→プレイしたタイトルはこちら


 12.Wii U(購入2012年12月)
 
単なる仕事上の理由(商品説明出来るように)と新機能への好奇心から購入しました(黒の32Gモデル)。オンライン専用のカラオケソフトが内蔵されているので、ディスク買わずとも遊べるのが良いですね。カラオケは使い易かったですよ。その他チャットも出来たりしますが時間無いと無理。あとGame Padは便利ですね!TV画面開くのが面倒になるくらい画質はきれいだしプレイしやすく画面比率も調整されているのが素晴らしいと思いました。その後Game Padによる新しいプレイの形が期待されましたが、本体が高額過ぎるのとソフトの少なさで売り上げは伸び悩み。ソフトもWiiの機能である体感ジャンルをメインにしたタイトルばかりで、結局Wii Uの長所が生かされない、このゲーム機で何がしたかったのか理解に苦しむ現状です。Wiiは生産終了したので、今後はWii U一本らしいのですがさて…?ちなみに我が家はごくたまにカラオケでしか使ってません(汗)。
 追記:2016年冬に生産終了が告知され、2017年1月に完全国内生産終了に。短い寿命でしたね。ソフトが少なかったのが一番の失敗。結局2作しかプレイしませんでした…。
→プレイしたタイトルはこちら


 13.PS4(購入2015年3月)
 画質その他の機能を大幅アップ、特にオンライン機能に特化させたPS3の後継機。ちなみにやはり下位互換はありません。そして高価なこともあり、ブームには2016年5月の現在もなっていません。とにかくソフトが少な過ぎて。いわゆる洋ゲー主体のリリース、オンラインに馴染みがない人には敷居の高いハードだと思います。と言いつつ、零式HDをプレイしたくて限定版(本体同梱500GB)を買ってしまいました(爆)。確かに画質はとても良いです!時間があればもっといろいろな機能、オンライン周りを試してみたいと思うのですが、基本有料サービス(月額514円)の為たぶんやらないと思われ。
 2016年9月に価格を大幅におとした新機種を発売(500Gで29980円、税別)。国産ソフトも順調に増えてきました。ただ、ソフトにより出来にかなりの幅があるのが難点。高い買い物だけに安定した質の高さを求めたいです。
→プレイしたタイトルはこちら


 14.PC(現機種購入2013年2月)、GC(購入2006年6月)
 プレイしたといってもまだ数タイトルですが(汗)、上記には含まれない為ここに置いておきます。PCでゲームも予想以上にお手軽で楽しかったですよ。乙女ゲームはPCの方で結構活発に製作されているので、今後もプレイタイトルが増えそうな予感。GCは、絶滅寸前に、FE蒼炎の軌跡の為だけに買ったハードでございます(汗)。
→プレイしたタイトルはこちら



TOPへ