GBA(ゲームボーイアドバンス)

<タイトル>

 ・ドラクエモンスターズ キャラバンハート
 ドラクエファンのダンナと中古店で2本購入、二人でおのおのモンスターを育成して最終的に戦わせてました(その為に通信ケーブルまで買ったのに、それはもう既にお蔵入りしてます…汗)。モンスターを配合して好みの技と耐性を持つものに変えるのが楽しくて、せっせと配合を繰り返してましたね。ストーリーは、簡単に終わるので、本当にあとはただひたすら育成の道!でした〜個人的に好きなモンスターは、ボス系(ダークドレアムとか)。技はダメージの大きいばくれつけんかな。一方のダンナは、ゴールデンスライムを何体も作ってチームにしていました。育成は苦労でも,、育つと強いからイイそうです。


 ・逆転裁判2
 なぜ2から?とツッコまない様に…(汗)。GBAで遊べるタイトル探してて、ふと見つけたのがこのシリーズ。既に1〜3が出ていたにもかかわらず、お試しのつもりでド真ん中を買ってみた訳です(いや〜でも普通は1だと思う)。2からでも十分作品世界には入れたのが良かったです。成歩堂くんをはじめとするキャラクターが皆立っているのがツボでしたね。2は3作の中で一番難しくて面白いです。サイコロックがなかなか外れなくてあちこち行ったり来たり、あらゆるキャラに「つきつける」やってみたりと、苦戦しました。先にダンナが解いてくれていたので、詰まると何度かヒントを乞うてましたよ(汗)。綾里家絡みの第1話と、トノサマンの第5話(多分)が特に見ごたえあってプレイしながらドキドキ。5話ラストの選択はマジで悩んだ…。GBAのソフトタイトルがアクションもの主体、お子様向け主体のもので主流を占める中、これは大人も遊べる貴重な作品です。


 ・逆転裁判3
 そして2の次が3。千尋や成歩堂の過去話から始まり、綾里家のドロドロまで一気になだれ込んでいく展開には脱帽です。2をやった後なので、意外にも詰まらずに進めたのは嬉しかったです。やっと逆裁のコツがつかめたのかも…。それでもコツコツと証言を取っていく過程はドキドキハラハラでしたよ。「つきつける」が成功した時のキャラの変わり様がもう快感(中毒?)。ゲストキャラもネーミングがカッとんでて、毎回笑わせてもらってます。余りに皆個性的なので、つい設定付攻略本を買ってしまいました。


 ・逆転裁判
 最後に1っていうのは、どうにも間が抜けているというか…(汗)。プレイしてよ〜く分かりましたね(後悔先に立たず)。キャラクターの関係を最初から見ておいた方が、2や3をより理解できたと思うのと(千尋とか御剣とかトノサマンとか)、、1はサイコロックがない分、攻略が楽であっけなさもあったという事でしょうか。でも、ドラマは相変わらず充実していて楽しめたし、何といってもこういうゲームを思い切って発売したメーカーさんの思い切りの良さには、本当に感服してしまいます。今後はDSでの展開に期待しています。


 ・キングダムハーツ チェインオブメモリーズ

 
子供がKH(PS2)をプレイしてて世界観など知っていたので、購入してみました(単にクラウドが出てるからという理由も有り/アホ)。アクションもしながらのカードバトルには、本当に苦労しました。最終的には数の多いカード集めてのコンボ勝負でしたが、XV機関のボス達は皆強くて、負けまくり(涙)。攻略サイト様の作戦を参考にしてレベルも上げて、ようやく勝ったようなものです(汗)。ストーリーはソラ編リク編とも全クリ。両方ともプレイ時間は60時間。各ディズニーワールドは物語を知らなくても入り込めて良かったです。特に、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」にはどハマり!クリア後元作品を視聴し、現在ではすっかりジャック・スケルトンのファン(はは)。KHとKHUを繋ぐ物語という事で、ナミネやXV機関のキャラクターが多数登場しましたが、記憶力の無さ(涙)のせいで現在KHUを見ても忘れてる点が多く少々焦ってます(2006年3月時点)。

 ・ぷよぷよフィーバー
 時間つぶしに皆で遊べるタイトルという事で、初めてぷよぷよシリーズにチャレンジしてみました。
自分的にはぷよはマジで難しいです〜。じゃまぷよを出せないっ!要するに、連鎖が出来ないわけでして…(汗)。
最初に積み上げる時から計算していないとダメなんでしょうけど、相手があるから積み前にじゃまぷよ落とされて負け!が多数。
ただ、このシリーズは「フィーバー」で逆転可能な点がぷよ初心者には有り難かったです。純粋にぷよ好きな方にはどうだったのかなぁ
という心配はありますけど。とりあえずストーリーモードは何とかラストまでたどり着けましたが、1回が精一杯でした…(汗)。
あとは昔のぷよなどのスコアを競うトライアルばかりやって子供とスコア競ったりしてました。



 ・チョコボランド
 各GBAで遊べそうなゲームを探して(こればっか/汗)、たまたま安価だったこの作品を購入しました。すごろく+陣取りゲームでしたが、結構熱くプレイしてしまいました。プレイ後半は、好みのダイスの目を出す為にリセットしまくり(おいおい)。お陰で連戦連勝でしたわ〜友達魔石もほぼ集める事ができました。FF知ってるので、友達モンスターに親しみを感じて意外に楽しかったです(気づけば50時間以上プレイしてた…普通そこまでするもん?/汗)。


 ・ファイアーエムブレム 聖魔の光石
 FEシリーズに手を染めたきっかけがこの作品です。でも、はっきり言ってこのゲームの奥深さにはまだまだ気づけなかった…(アホ)。後でプレイする烈火の剣より、レベルが上げ易い様にEXマップは付いているし、説明も丁寧でFE初心者には親切だったと思います。しかし、実際のユニット育成は苦難の連続。一度リタイアすると復活不可能という縛りがどれほどプレイヤーにとって残酷か〜!(力説)特に駆け出しの三人は本当に大変!アメリアは仲間にするまでに殺されないように気をつけないとリセットくらうし。ロスはめちゃ弱かった〜烈火の剣をプレイしてから思うのは、もっと闘技場と秘密の店利用すれば良かった〜!ペガサスナイト育成すればよかった〜!等などのFEの面白さを知らなかった事への後悔ですね。今やったら確実にもっと楽に勝ってたと思う事しきり。そして支援会話も(勿体無い〜)。ストーリーはEXマップのせいか烈火よりシナリオが短めで少々残念な面もあります。でも、敷居の低さが却ってこういう新規ファン増やせますね(その一人です〜/アホ)。


 ・ファイアーエムブレム 烈火の剣
 FEにマジでハマる事になったのがこの作品です。
まず、シナリオが王道ものながら先が気になる進め方で、苦労しても続けたくなる魔力を持ってましたね〜リン編のチュートリアル要素も親切でした(でもそこでキチンとユニット育成しておかないと後々苦労するんですけど)。エリウッド編で感動し、ヘクトル編のマップ攻略にめちゃくちゃ苦労して(ヘクトル編の方が難易度高い)両方とも楽しみました。やりこんでくると、やはりFEのシステムの奥深さに惹かれてしまって、ついにはディープな攻略本まで購入(「あるきかた」)。軍師の攻略評価を気にしてみたり、全員無事生き残るように気を配ったり(リセット何度した事か…涙)、闘技場でレベルUPさせて金も稼いだりとやりたい事も自然に増えました。お陰で総プレイ時間は多分200時間越えかと…。最後に支援会話のコンプ目指して同じマップの繰り返し頑張り、80%までいきましたよ〜これには我ながら感激でした(支援会話が各ユニットの色んな事情を知る事が出来て面白かったのもあり。)いつか機会があったら、是非今手に入る「封印の剣」か「蒼炎の軌跡」プレイしてみたいですね(どっぷりつかっとる)。


 ・ファイアーエムブレム 封印の剣
 リリースの順番とは逆になってしまいましたが、2006年10月よりプレイしています。チュートリアルがエクストラに入っているのが面白いですね。烈火とは細かいシステムが微妙に違っているけれど、おおむね同じなのですんなりと入っていけました(取説無し中古ソフトでもOKでした)。ただ、違う点一番で残念なのが、支援会話集がエクストラに入っていない事。集めた達成感が得られないのは寂しいです。そして会話自体もマップ1回の中でつけられる支援のポイントが制限されている為、これを集める目的でのプレイは、相当周回数こなさないと駄目そうですね(涙)。2006年11月中旬現在、1周目クリアしたばかり(プレイ時間約55時間、総合評価 B)。マップ攻略は、今までのプレイ経験のお陰で、リセット回数が驚くほど少なくてすみました♪(ユニットリタイア、闘技場の敗北4人それ以外のリタイア2人)。その辺は、FEシリーズをやり込んできてプレイヤー経験値が上がったという事かも…(ちょっと嬉しい)。今後はとりあえず、もう片方の分岐を見る為にーブデータから2回目行う予定。見たい会話などよく考えて支援もつけないと(汗)。

 ストーリーは、烈火を先にやっているので、やはりエリウッドやヘクトルに感情入りすぎ(汗)。あの時のカッコ良さはいずこ…(落涙)。その為、ロイには物足りなさを少々感じています。脇キャラの方に寧ろドラマがありそうで、そっち中心にプレイしたいと思います。そうそう、封印は蒼炎(GC)と連動可なんですよね?絶滅しかかってるGBAケーブル探して是非TVでデータを見なくては!(アホ)

 …と思ってたら、2周目の終盤プレイ中にデータがとんだ!(2007年)結局失われた記録は戻らず、泣く泣く再度中古を買いなおしました(しくしく)。プレイはまだですが、頑張りたい…(泣)。


TOPへ  戻る