1973年

バビル2世
OP「バビル2世」(東映二作詞、菊池俊輔作曲) 歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会
ED「正義の超能力少年」(菊池俊輔作詞作曲) 歌:水木一郎
 これまた水木一郎氏の定番ナンバーとなっている曲ですね。「砂の嵐に隠されたバビルの塔に住んでいる〜♪」で始まるOPは実に明快にバビル2世を分かりやすく説明しています。サビの「か〜いちょうロプロスゥ〜 そ〜らをとべぇ〜♪」は水木氏独特の節回しを真似して歌うとテンションが上がる事請け合い。EDも「サイコキネシス テレパシー♪」と、放映当時まだ珍しかった超能力用語の数々が出てきて子ども心にワクワクしたものです。最後のフレーズ「正義の少年 バビル2世ぃぃぃ〜♪」と力をこめて歌うところがツボかな。最近この作品のリメイクを放映してましたが、テーマソング、今風のJ−POPはやはりバビルには似合わないような気が…。

けろっこデメタン
OP「けろっこデメタン」(丘灯至夫作詞、越部信義作曲) 歌:堀江美都子
ED「まけるなデメタン」(丘灯至夫作詞、越部信義作曲) 歌:堀江美都子
 カエルの子デメタンを主人公にしたド根性もののストーリーらしく、OPはかなり演歌調のこぶしが入っています。いじめられても負けずに立ち向かえ〜なんていう歌詞は、癒し系が主流を占めるJ−POPの世界では現在ならまずありえないでしょう。EDでは、堀江美都子氏の「ケロケロ笛吹く カエルのデメタン♪」の後の、「アァァ〜♪」の声が妙に色っぽくてとても印象に残っています。

山ねずみロッキーチャック
OP「緑の陽だまり」(中山千夏作詞、宇野誠一郎作曲) 歌:ミッチーとチャタラーズ
ED「ロッキーとポリ―」(山元護久作詞、宇野誠一郎作曲) 歌:ミッチーとチャタラーズ
 軽快で優しげな曲が癒しを感じさせるので、OP、EDともとても好きな主題歌です。歌を担当しているのは、聴くと分かりますが、堀江美都子氏とこおろぎ’73。デメタンの力入りまくり調とはうって変わって可愛らしくそして控えめに歌っていて、その歌い分けの上手さにただただ感心してしまいます。当時はこの歌を聴きたくてチャンネルを回していた記憶も…(おかげで原作本のシリーズ図書館で借りて一気に読みました)。特にEDの中盤、「ポリィ〜♪」「ロッキィ〜♪」と呼び合うフレーズのラブラブモード全開がお気に入りです。

ジャングル黒べえ
OP「ジャングル黒べえの歌」(藤子不二雄作詞、三沢郷作曲) 歌:大杉久美子、肝付兼太
ED「ウラウラ・タムタムベッカンコ?」(藤子不二雄作詞、三沢郷作曲) 歌:大杉久美子、肝付兼太
 ジャングルからやって来た男の子黒べえ(今だったら放映出来るのでしょうか?う〜む…)のハチャメチャぶりが楽しい主題歌です。どちらかと言えば女の子向けの作品の歌を歌うことが多い大杉久美子氏が、男の子っぽい歌い方にチャレンジしています。合いの手でセリフを入れる黒べえ役の声優肝付兼太氏もいい味出してますよ。「ウラウラタムタムベッカンコ」という魔法の呪文が、OPにもEDにも出てきます。これが結構舌噛みそうで難しいのですが、そこのところはさすがプロ!でさらりとこなしていますね。この作品自体割と好きだったので、歌も良く覚えています。

ワンサくん
OP「わんさかワンサくん」(山本暎一作詞、宮川泰作曲) 歌:シンガーズ・スリー、ロイヤル・ナイツ
ED「ピンコラ音頭」(藤川桂介作詞、宮川泰作曲) 歌:シンガーズ・スリー、ロイヤル・ナイツ
 ミュージカルを意識して作られた作品の主題歌です。OPは歌詞らしい歌詞が無く擬音のオンパレード。それに合わせてワンサ達犬キャラがおどるフィルムになってます。EDはうって変わって日本調の音頭で逞しく生きる野良犬の根性を歌っています。音楽を担当指定していたのは後に「宇宙戦艦ヤマト」で注目を浴びる事になる宮川泰氏。「思いっきりテレビ」等で見せる、ひょうきんなキャラクターが有名ですね。

荒野の少年イサム
OP「荒野の少年イサム」(東京ムービー企画部作詞、渡辺岳夫作曲) 歌:ボーカル・ショップ
ED「オーサンボーイ」(東京ムービー企画部作詞、北原じゅん作曲) 歌:チャーリー・チェイ
 両親と生き別れて一人でアメリカの荒野に生きる日本人の少年イサムを励ます内容の主題歌です。OPはアニメ初期にはよく聴かれた男性ボーカルグループが歌っているせいかちょっと懐かしさを感じさせます。サビの「荒野の少年 イサム〜イサム〜♪」のフレーズがなぜか好きでした。EDはいかにもウェスタン風なのんびりとした曲がほのぼのとしている歌です。さりげなくイサム少年の生い立ちを歌詞に書き込んでいるのが、いかにもアニメソングらしいと思います。

ゼロテスター
OP「ゼロテスター」(鈴木良武作詞、山本直純作曲) 歌:子門真人、杉並児童合唱団
ED「愛する大地」(高橋良輔作詞、山本直純作曲) 歌:ロイヤル・ナイツ
 OPは軽快なマーチ調の歌です。なんといっても冒頭、子門正人氏の「マーク1、マーク2、マーク3、ゼロチャァァ〜ジ!!」の掛け声がハイテンションでカッコ良いの一言。EDはうって変わって渋いバラードになっています。横文字が一切無い実にシンプルな歌詞は、後に「装甲騎兵ボトムズ」で名をはせる事になる演出家高橋良輔氏の手によるものです。ゼロテスターのメンバーが勢ぞろいの映像も歌に良く合ってました。この作品は途中で「ゼロテスター 地球を守れ!」と改題され続いていくのですが、その際には主題歌も一新、少年児童合唱団による、可愛らしい雰囲気のものに変わっています。

ミラクル少女リミットちゃん
OP「幸せを呼ぶリミットちゃん」(岩谷時子作詞、菊池俊輔作曲) 歌:大杉久美子、ヤング・フレッシュ
ED「センチなリミットちゃん」(岩谷時子作詞、菊池俊輔作曲) 歌:大杉久美子
 OP、EDとも特殊能力を持ったスーパーサイボーグの歌というよりは魔女っ子テイストの強い主題歌です。作詞の岩谷時子氏がシャンソン歌手故越地吹雪氏のマネージャーをされていたという経歴から伺えるように、歌詞も実に文学的な匂いがしますね。優しく思いやりにあふれた内容は現在ではなかなかお目にかかる事が出来ないものです(「センチ」なんて今や死語…)。曲の方はサビに「菊池メロディーらしさ」がしっかり感じられます。

新造人間キャシャーン
OP「たたかえ!キャシャーン」(竜の子プロ企画文芸部作詞、菊池俊輔作曲) 歌:ささきいさお
ED「俺は新造人間」(竜の子プロ企画文芸部作詞、菊池俊輔作曲) 歌:ささきいさお
 菊池メロディー全開!と言えばこの作品の主題歌でしょう。前述の「リミットちゃん」よりはやはりこちらの方がより菊池ファンには涙ものの泣かせ節になっています。OPは、声優納谷悟朗氏の「たったひとつの命を捨てて 生まれ変わった不死身の身体」で始まる前口上が超有名。歌うなら是非ここからしっかり押さえておきたいものですね。歌は一番一番が短いだけにもう全編盛り上がりっぱなし。決してテンションを落として歌えないのが苦しいけど、曲に入り込んでしまうとあとは酔いしれてサビまで一気に行けばOKですよ〜♪EDも主人公キャシャーンの悲哀をスピーディーなメロディーにのせてささきいさお氏が情感込めて歌っています。ささき氏がアニソンにメジャーデビュー(主題歌担当)した記念すべき歌でもありますね。

空手バカ一代
OP「空手バカ一代」(梶原一騎作詞、平尾昌晃作曲) 歌:大安蓮、パイオニア児童合唱団
ED「空手道おとこ道」(梶原一騎作詞、小谷充作曲) 歌:山崎照朝、ロイヤル・ナイツ
 密かに好きな主題歌であります。OPは「か〜らていちだ〜ぁい ちかぁったひか〜ら〜♪」の出だしが好きです〜。スローテンポなメロディーはいかにも日本の歌謡曲(演歌ね)の風味がたっぷり。これを演歌のこぶしを効かせず独特の歌い方をしているのは、どう聴いても○門真人氏のような気がするんですが…。氏は幾つかの別名を持っていらっしゃるとの情報もあります。この名前もその一つやもしれません。EDは歌に合わせて流れる実写の空手の組み手のシルエット映像が印象的。あの頃はホント空手ブームだったんだよね…

ドロロンえん魔くん
OP「ドロロンえん魔くん」(中山千夏作詞、小林亜星作曲) 歌:中山千夏
ED「妖怪にご用心」(中山千夏作詞、小林亜星作曲) 歌:中山千夏
 作家でもある中山千夏氏(今はいずこ)の不思議な歌声が印象的な主題歌です。氏がまだタレント活動をしていた時のものですね(その頃はレギュラー番組もあった)。同じ妖怪ものの「ゲゲゲの鬼太郎」とはまた違ったちょっと軽めの怖さを表現していて、サビの「おおあばれったら でろでろばあ〜♪」のフレーズも何だか楽しげです。EDは、キミの身近に妖怪がいるかもよ〜という子ども達へのメッセージを歌ったもの。おもしろ怖い感じが良いです。実写との合成映像がまた効果を盛り上げていて、今でも印象に残ってます。

エースをねらえ!
OP「エースをねらえ!」(東京ムービー企画部作詞、三沢郷作曲) 歌:大杉久美子
ED「白いテニスコート」(東京ムービー企画部作詞、三沢郷作曲) 歌:大杉久美子
 なつかしアニメ特番でもよく流れる主題歌です。OPは、青春スポーツものらしく爽やかできりりとしたイメージの仕上がり。EDは、サビ前は主人公岡ひろみの悩みや苦しみを優しげに、サビはそれらを乗り越えて成長する様子をちょっと逞しい感じで歌い上げています。大杉久美子氏の高く透き通った声もピッタリハマってますね。名作ものを歌っている時とはまた違う印象を受けます。ここからも伺えるように、歌の感じによって声のトーンを使い分けられるアニソン歌手の皆さん(特に女性)の技は本当にスゴイ!

冒険コロボックル
OP「白い風にのって」(ヒロコ・ムトー作詞、筒井広志作曲) 歌:ペギー葉山
 よく覚えていないんですが、この歌、初期はEDだったようですね。途中から見始めた時はもうOPだったので、てっきり初めからずっとそうだったと思ってました。しかもこの事実、最近この項を書く為に資料を見返した時に知ったんですよ。あ〜結構思い込みやうろ覚えでインプットされてる事がまだまだたくさんあるんだなあ…(汗)。…という事はさておき、この作品の放映当時はちょっとした『コロボックルブーム』(うろ覚え/汗)。かわいい小人の妖精達の様子を、ベテラン歌手ペギー葉山氏が優しげに歌っているという、今にして思うとかなり貴重なアニソンであります。「しろ〜いしろ〜い かぜにのって♪」のフレーズが特にイイ感じです。

侍ジャイアンツ
OP「侍ジャイアンツ」(東京ムービー企画室作詞、菊池俊輔作曲) 歌:松本茂之
ED「サムライ番場蛮」(東京ムービー企画室作詞、菊池俊輔作曲) 歌:松本茂之
新OP「王者・侍ジャイアンツ」(梶原一騎作詞、正岡一男作曲) 歌:ロイヤル・ナイツ
新ED「行けバンババン」(梶原一騎作詞、正岡一男作曲) 歌:ロイヤル・ナイツ
 一年を越えるロングシリーズになった為、番組途中で主題歌がリニューアルされたという当時としては珍しい作品です(現在では珍しくも何とも無いですが/ため息)。初期主題歌は、型破りな主人公番場蛮に合わせてとびっきり元気のよいメロディーと歌詞になっています。特にこの主人公の名前がとにかく覚えやすいし擬音としても使えるので、EDなどはサビのフレーズが「バンババン」の連呼だったりと、何とも楽しいの一言。ところで歌手の松本茂之氏の声は何となく○木○郎氏に似てますねえ…なんでだろう〜(わざとら)。うって変わって後期主題歌は、原作者梶原一騎氏が作詞を手がけている事からも言えるように、正統派のスポ根もの路線をいってます。当時はお子様だったので全然気づかなかったんですが、改めてOPのサビ「ジャイアンツのジャイアンツの〜 旗のもと〜♪」を聴くと、この作品途中での路線変更に、蛮もすっかりフォア・ザ・チームになっちゃってるのね〜と大人になった今になって驚かされてます(かつて巨人ファン→現在アンチ巨人)。

キューティーハニー
OP「キューティーハニー」(クロードQ作詞、渡辺岳夫作曲) 歌:前川陽子
ED「夜霧のハニー」(伊藤アキラ作詞、渡辺岳夫作曲) 歌:前川陽子
 当時の小学生男子だった人なら誰でも覚えていそうなインパクト抜群の作品の主題歌です。OPは、もうなつかし特番の定番曲だし、1997年に放映されたリメイク版「キューティーハニーF」でもアレンジを変更して使用されました。最初から最後までノリのいいハイテンションのメロディーは一度聴いたら忘れられないです。そして歌詞も、「お尻の小さな女の子♪」「イヤよイヤよイヤよ 見つめちゃイヤ〜♪」とお色気(死語)たっぷりで、当時はPTAで問題になる程でした(今聴けば何てことないのが笑える)。前川陽子氏の歌声もとっても悩ましくって、自分も子供の時最後の「…変わるわよ♪」のフレーズ、しっかりなりきって歌ってましたよ(かなり無理あり)。これに比べるとリメイク版のOPは実に爽やかで女の子向けになってる分物足りない様な気が…(まあ「セーラームーン」の後番組でしたから)。そしてEDは、当時放映時間が25分だったので見た事が無かった〜(涙)。リピート放映になってやっときちんと聴く事ができました(あと、『テレビまんが大行進』のアルバム(コロムビア)を買ってもらったのが良かった〜)。この歌もハニーの孤独な戦いをしっとりと聴かせてくれるバラード調で、マジ泣けます。



TOPへ
戻る