1969〜70年


アニメ草創期その3:アニメ史上に名を残す作品が多く放映された一年でした。「巨人の星」大ヒットに始まるスポ根路線が絶頂期を迎え、野球、バレーボール、サッカー、格闘技と多種多様なスポーツを素材にしたアニメが製作されました(でもさすがにサッカーは当時相当マイナーだったようですね)。特に売れっ子作家梶原一騎氏の原作によるマンガのアニメ作品はその殆どがヒットし話題になりました。
 他には「ひみつのアッコちゃん」「魔法のマコちゃん」という魔女っ子路線の確立、日曜夜7時半の名作シリーズ(製作会社は変遷がありましたが)の始まりとなった「ムーミン」の放映開始、「ハクション大魔王」「いなかっぺ大将」の竜の子プロ・ギャグ路線等が特徴に挙げられます。


<管理人のうろ覚えメモリー>
 やっと小学校の門をくぐった頃ですから、現在頭に残ってる記憶がリアルタイム時のものなのか、リピート放映によるものなのかとっても曖昧なんですね(汗)。放映後すぐソフト化されたり有料の衛星放送などでいつでも見られる代わりにリピート放映自体が珍しくなってしまった今とは違って、作品によっては夕方5時台に何度でも見る事が出来た時代ですから。思い出すととっても懐かしいです(しみじみ)。キャラクター関連のオモチャがあったかどうかはホント定かじゃないんですが(文具系はもちありました)、「ひみつのアッコちゃん」の真似がしたくて、コンパクトを買ってもらった記憶があります。それにはアッコちゃんの絵は描いてないし、音も光も出ないシンプルなものだったんですけど鏡が付いてて「テクマクマヤコン〜」が言えただけでもう大満足でした(コンパクトを持つと大人になったような気がしたし)。
 しかしこの頃はそれ以上に「タイガーマスク」をはじめとするアクションものにいつのまにかどんどん傾倒していったみたいです(「ウルトラマン」も見てた)。今回書いていてつくづく思いました(お勧めセレクションなんて正にそう)。ヒーロー大好き、アクション大好きは今もぜ〜んぜん!変わりません…(汗)。


<お勧めセレクション>
1.海底少年マリン(69年1月〜8月):海を舞台にした冒険アニメ。海中を自由に動き回れる特殊なアイテムを身につけた少年マリンが、相棒の白イルカ・ホワイティや仲良しの人魚ネプチーナと共に悪人や怪物と対決するのが主なストーリーです。この作品は本当にリピート率が高くって一年に必ず一度は放映してましたね。その分刷り込みも強力です。当時憧れたのが何といっても主人公マリンの特殊アイテムの数々(まあ今で言えば「名探偵コナン」のメガネやシューズ、蝶ネクタイですか)。中でも一番は、水中に入るときマリンが必ず口にする『オキシガム』。これをかむとなぜか魚のように水の中でも呼吸できると言う優れもので、幼心にマジで実在するものと信じて疑ってなかったんですよ。それと必殺武器(?)のブーメラン(OPテーマにも出てきます)がまたカッコ良し!大の大人が簡単に倒れてましたっけ。

2.紅三四郎(69年4月〜9月):父を殺した謎の武道家を倒し紅流を再興する為に旅をする少年、紅三四郎を描くアクションアニメ。スポ根路線の流れを汲む格闘ものとなっています。現在なら17歳の男子が高校も行かずに父の敵討ちに走るなんてツッコミだらけのギャグにしかならないんでしょうけど、当時はわけもわからずカッコ良いな〜と憧れたものです。特に、アクション時に赤い柔道着を大げさに着るところにシビれてました。当時まだ10代の堀江美都子氏歌うところの主題歌もなかなか渋くて印象的(レコード買いました)。

3.タイガーマスク(69年10月〜71年9月):おなじみ梶原一騎氏原作のプロレスマンガのアニメ化です。孤児院(今で言うところの児童養護施設)『ちびっこハウス』出身の青年伊達直人が謎の覆面レスラー、タイガーマスクとなってプロレスの世界で活躍するというのが主なストーリー。とにかくプロレス闇の組織『虎の穴』(卑怯技で勝利しファイトマネーを組織に上納させるなかなかのやり手会社?)がタイガーマスク抹殺に送り込むレスラー達がまた奇抜なキャラクターで面白いんですよ〜(コスチューム等結構笑える)。その彼らを相手にタイガーマスクが編み出す必殺技(『タイガーバックブリーカー』等)がまたカッコ良くって、兄弟やぬいぐるみ相手に真似してたもんです(空中に投げ上げて頭の上に落としバキバキッと…隠れ格闘技ファン)。独特の荒々しいタッチのトレス線が描く動きのある画面も迫力満点でした。

4.ばくはつ五郎(70年4月〜9月):バカが付くほどの熱血野郎、青空学園新聞部員大石五郎(一応中学生…)が学園内で起こす騒動を描く青春アニメ。この作品もかなり高いリピート率だったので、うろ覚えながらも記憶に残ってます。学園ものの名を語りながら、様々な運動部で活躍してしまう五郎がメインなので殆どスポ根になってますね。五郎くん、そんなに運動神経が良いなら最初っからスポーツやってりゃいいものをねえ…(というツッコミは反則)。しかし新聞部なんていかにもレトロ〜な響きしません?(きっと今どこの学校にも、特に中学校になんて無いはず)しかもマドンナ役のヒロイン(しかもめっちゃ気が強い)がいるという事も学園もののパターン中のパターンで、古きよき時代を感じさせてくれます。

5.キックの鬼(70年10月〜71年3月):実在のキックボクサー、沢村忠のチャンピオンへの道を描いた格闘技アニメ。これも原作は梶原一騎氏。売れっ子ぶりが伺えます。当時はキックボクシングがブームだったんですよね。TVでタイトル戦の放映をしてましたし(今ならさしずめK−1か)。中でもこの競技をメジャーにした功労者がこの物語の主人公である沢村忠氏。OP冒頭、実写で彼の必殺技『真空飛び膝蹴り』も映してたなあ。アニメではさらに華麗に宙を舞っていたのでつい真似したくなるのが子供心(ホントか?)。机の上から跳び蹴りやってしまいました(よい子のみなさんは決してマネしないように…汗)。


<作品年表> 1969年(全16本)
作品タイトル 放映年月日 製作会社 放映キー局 原作
ひみつのアッコちゃん 1969/1/6〜1970/10/26 東映動画 テレビ朝日 赤塚不二夫
海底少年マリン 1969/1/13〜1969/8/22 テレビ動画 フジテレビ 「ドルフィン王子」より
そばかすプッチー 1969/3/31〜1969/9/27 フジテレビ・エンタープライズ フジテレビ 青木たかし
ウメ星デンカ 1969/4/1〜1969/9/23 東京ムービー、スタジオ・ゼロ TBS 藤子不二雄
紅三四郎 1969/4/2〜1969/9/24 竜の子プロ フジテレビ 吉田竜夫
もーれつア太郎 1969/4/4〜1970/12/25 東映動画 テレビ朝日 赤塚不二夫
忍風カムイ外伝 1969/4/6〜1969/9/28 ズイヨー、TCJ動画センター フジテレビ 白土三平
どろろ(→どろろと百鬼丸) 1969/4/6〜1969/9/28 虫プロ フジテレビ 手塚治虫
六法やぶれクン 1969/4/28〜1969/9/26 東京ムービー 名古屋テレビ 佐賀潜
男一匹ガキ大将 1969/9/29〜1970/3/28 東京テレビ動画 日本テレビ 本宮ひろし
ピンチとパンチ 1969/9/29〜1970/3/28 フジテレビ・エンタープライズ フジテレビ 青木たかし
タイガーマスク 1969/10/2〜1971/9/30 東映動画 読売テレビ 梶原一騎、辻なおき
ハクション大魔王 1969/10/5〜1970/9/27 竜の子プロ フジテレビ 吉田竜夫
サザエさん 1969/10/5〜 TCJ→エイケン フジテレビ 長谷川町子
ムーミン 1969/10/5〜1970/12/27 東京ムービー、虫プロ フジテレビ T・ヤンソン
アタックNo.1 1969/12/7〜1971/11/28 東京ムービー フジテレビ 浦野千賀子


1970年(全16本)
作品タイトル 放映年月日 製作会社 放映キー局 原作
動物村物語 1970/3/30〜1970/7/21 TCJ(おとぎプロ) テレビ朝日 横山隆一(おとぎプロ)
いたずら天使チッポー 1970/3/30〜1970/12/31 フジテレビ・エンタープライズ フジテレビ
あしたのジョー 1970/4/1〜1971/9/29 虫プロ フジテレビ 高森朝雄、ちばてつや
ばくはつ五郎 1970/4/3〜1970/9/25 TCJ TBS 辻なおき
おたのしみアニメ劇場 1970/4/5〜1970/9/27 スタジオ・ゼロ フジテレビ
昆虫物語みなしごハッチ 1970/4/7〜1971/9/29 竜の子プロ フジテレビ 吉田竜夫
赤き血のイレブン 1970/4/13〜1971/4/5 東京テレビ動画 日本テレビ 梶原一騎、園田光慶
日本誕生 1970/6/10〜1970/10/24 虫プロ 日本テレビ
マンガ人物史 1970/8/1〜1971/9/30 オフィス・ユニ MBS
男どアホウ甲子園 1970/9/28〜1971/3/27 東京テレビ動画 日本テレビ 佐々木守、水島新司
キックの鬼 1970/10/2〜1971/3/26 東映動画 TBS 梶原一騎、中城健太郎
いなかっぺ大将 1970/10/4〜1972/9/26 竜の子プロ フジテレビ 川崎のぼる
いじわるばあさん 1970/10/30〜1971/8/26 ナック 日本テレビ 長谷川町子
のらくろ 1970/10/5〜1971/3/29 TCJ フジテレビ 田河水泡
われらサラリーマン党 1970/10/7〜1971/3/31 ピープロ フジテレビ
魔法のマコちゃん 1970/11/2〜1971/9/27 東映動画 テレビ朝日 ひろみプロ