史上最強の弟子ケンイチ


 さすがに1年分約50話は見終わるまで長かった…(しみじみ)。

 まず最初に、この作品の原作コミックス(少年サンデー連載)は全然見てません。主人公ケンイチの声が大好きな関智一くんだという至極分かり易い理由で見始めたので(うわ)。しかし、これが予想以上に面白かった!結局続きが気になり最終回まで見てしまいました。

 ストーリーは、王道の少年成長物語なのですが、兼一の武術の師匠達がとにかくみんなキャラ濃い!殆ど痛めつけてるだけだろ、とツッコミが入りそうな修行の数々が笑えます。あと、ラグナレクの面々も得意の武術を持ち、分かり易いキャラクターばかりですぐ名前を覚えられたのも良かったです(最近キャラの名前が覚えられないので余計/汗)。

 兼一がラグナレクの幹部と仲間になるのはお約束として、そこで○ャン○みたいに、すぐチーム戦にしないところがすごく気に入りました。あくまでメインで戦ってるのは兼一だったので。だからといって、友情が無い訳ではないですよ〜。寧ろ熱かったです。兼一が文系少年なとこもツボでしたよ〜。ヘタレモードとバトルモードとのメリハリがつきましたから。その変化を難なくこなす智一くんはスゴイですわ〜♪(結局そこ/汗)。最終回の師匠マネもウケた!

 他で好きになったキャラは、武田さん(矢尾さん〜☆)、キサラ(ダンナのお気に入り☆)、谷本夏(○ジータ?!)、師匠全員かな。この作品、とにかくキャストが自分的には超豪華でした〜。ベテランの声優さんがこんなに集まる事はめったに無いですからね。ホントすごかった。普段見ているアニメはどうしたって若い人中心になってるし(これも大人の事情ってやつなんでしょうが/泣)、たまにこういう渋いキャスティングも良いですね〜♪



戻る  TOPへ