交響詩篇エウレカセブン


 長かった…本当に長かった…よく最後まで見られた…自分を褒めようかな(アホ)。

 店のスタッフに「面白いよ」と言われ、ダンナも「見たい」というのでBS11で始まった放送を録り溜めました。ちなみに自分はリアル放映時、2話だけ見て即続かなかった人です(汗)。

 とにかく全50話が長い!そして26話までの展開が遅くて遅くて遅い…(泣)。結局お約束で終盤はネタの詰め込み…シリーズ構成の難しさを強く感じた次第です。確かに、レントンとホランドという2人の少年(え?!/汗)の成長を主軸に置いているであろうこの作品の目的は十分果たされていると思います。が、その事より(おい)気になる、世界の設定については説明が余りにも足りな過ぎ!

 というか、伏線も無しにいきなりキャラクターのセリフで重要ネタを投下するのはやめて欲しかった…(しかも再三/泣)。唐突過ぎて「?!」な反応しか出来なかったんですけど(汗)。思わせぶり連発した挙句大した暴露も無いっていうよりは良いものの、何度おいてけぼりにされた事か…(一番は「デューイ一族(?)てどんだけ偉い血族なの?何でそんなにこの世界の謎を知ってるの?」だったりします/汗)。戦闘中に飛び交う専門用語も小難しくして、いろいろ凝りたい気持ちも分かりますが、みんながみんな、設定本やアニメ誌買う訳ではないのだから、基本的な事ぐらい時々さり気で良いから説明的セリフ言って欲しかったです。

 まぁ、基本はさっきも言った様にレントンとホランドが成長するストーリーなので、細かい事は気にするな〜になっちゃうんでしょうね…。ホランドは特に色々な面で面白かったかも(藤原啓治君GJ!)。レントンよりアップダウンが激しいあの性格は、嫌でも目につくし(笑)。レントンは…ごめんなさい、少年は萌え対象外なので(大汗)。

 そんなこんなで、きつい事ばかり書いてしまいました(汗)。良かった点があるとすれば、ドミニクの一途っぷりにちょっときゅん☆したのと、真守君のドギーがだんだんカッコ良くなっていったところかな(やっぱそこ)。あと、エウレカ役の名塚さんヴォイスがめっちゃ可愛かったです〜♪(今イノセンスでアンジュに会ってます☆)


TOPへ  戻る